滋賀県立大学では、このほど環境省
「平成27年度持続的な地域創生を推進する人材育成拠点形成モデル事業」の採択を受けて、
地域主体の「低炭素・資源循環・自然共生」社会の創出を「加速化」させるための、
「幅広い知識」と「ノウハウ」と「実践力」を有し、「即戦力」となるリーダー、コーディネーターとしての人材育成拠点の形成をめざし、
『地域資源・エネルギーコーディネーター』育成プログラムを開講いたします。

プログラム概要

講義科目
低炭素・資源循環・自然共生テクノロジー特論、地域イノベーション特論、地域デザイン特論、地域マネジメント特論
(自宅でweb学習6回+スクーリング(面接授業)2回を今年度後期2科目、次年度前期2科目)
集中講義1
実践現場体感特別講義バス・宿借り上げによる現場訪問
県内4ルートと県外4ルート(選択制) 1科目(通年)
集中講義2
地域ビジネスプラン創造特別講義
 グループで事業プランを作成する2泊3日合宿形式の授業
実習科目
コミュニティ・プロジェクト実習
各自の事業計画や活動をゼミナール形式で助言・指導 1科目(通年)
称号授与
すべての科目を履修し、小論文試験および面接試験に合格された方に、称号:(仮称)『地域資源・エネルギーコーディネーター』を滋賀県立大学学長が授与します。
 称号授与者に対しては、推進委員会および滋賀県立大学が活動を支援します。
受講後の支援
称号授与者に対しては、推進委員会および滋賀県立大学が活動を支援します。